引っ越しの前日にするべき準備

いよいよ引越し前日!やっておくべきことは?

前日になるとやり残したことはないかと焦る気持ちもあるかと思いますが、ここまで計画的に引越しの準備が整っていれば前日だからといって慌てることはありません。

いよいよ引越しの前日、やるべきポイントは以下の4つです。

冷蔵庫と洗濯機の水抜きをしておく

冷蔵庫と洗濯機は搬出の前に水抜きという作業が必要なことがあります。

引越し業者の方でやってくれることもありますので、見積もり依頼をする時に業者に確認しましょう。

ここでは水抜きを自分でやらなければならない場合の方法をご紹介します。

冷蔵庫の水抜きの方法

冷蔵庫の中の水は、底や背面などにある受け皿やタンクに溜まるようになっているので、そこに溜まった水を空にしておかないと運搬中に水が漏れてしまいます。

最近の冷蔵庫は自動で霜取りする機能がついているものが多いのですが、そうでない場合は事前に冷蔵庫の霜取りをしておきます。

また、引越しの2週間くらい前から食品などは使い切るように調整し、空になるようにしておきましょう。

水抜きをする時は、冷蔵庫の電源を切り、ドアを開けっぱなしにして霜を溶かします。

製氷皿に氷が残っている場合は氷を捨てて空にし、タンクや受け皿の水を捨てましょう。

洗濯機の水抜きの方法

洗濯機の中にも水が溜まっているので、冷蔵庫と同じように、引越し前日に水抜きを行いましょう。

まずは洗濯機の水の元栓を閉め、脱水ボタンを押して、洗濯槽内の水を抜きます。

脱水が終わったら、給水ホースと排水ホース、糸くずフィルターを外して水分が残らないようにしておきましょう。

テレビやパソコンなど電子機器のコードを外す

パソコン内のデータは念のためにバックアップを取っておきましょう。

また、テレビなどは引越し先で配線し直さなければならないので、コードがつながっている状態をスマホなどで写真をとっておく、養生テープに対になるよう番号を書いて貼っておくなどすると、あまり配線に自信がない方でも新居でスムーズに配線できます。

手荷物品の確認

現金、通帳、印鑑などの貴重品は手荷物として自分で持っていきましょう。

手持ち鞄のなかにはペットボトル飲料や小腹が減った時用などにお菓子などを入れておくのもいいと思います。

子どもと一緒に引っ越しをする際、転校先で子どもが通学するときにすぐに必要となるような筆記用具、ノート、上履きなどはランドセルや通学用鞄にまとめておくと引っ越し後の忙しい朝でも慌てずに済みます。

前日まで使用していたものの荷造り

この日までに使用していたものの荷造りをします。

また、翌日の引越し当日に使用するものも、ひとつの段ボールに封をせずに入れてそこから使うようにすると、当日になって「入ると思っていたものが段ボールに入りきらない!」というような事態を防ぐことができますよ。

ここまでを前日に終えておき、あとは明日の段取りを最終確認して休みましょう。